新しくパソコンを買い替えたりHDDやSSDを換装する場合、WINDOWS10で標準搭載されているMicrosoft Edgeの検索エンジンはBingになっています。

検索エンジン bing

 

ただ検索エンジンといえば、グーグルやヤフーといったものがメジャーでなので、こうしたものに変更したいという方も少なからずいるのではないでしょうか?

 

そこで今回はこのMicrosoft Edgeの検索エンジンを変える方法について、自身の備忘録も兼ねてここでまとめてみることにしました。

Microsoft Edgeの検索エンジンの変更方法は?

検索エンジンの変更 設定

まずは画面右上にある「・・・」から、設定を選択してクリックします。

検索エンジンの変更 詳細設定

更にメニューの下のほうにある「詳細設定」で「詳細設定を表示」をクリックします。

検索エンジンの変更

更にメニューバーの中ほどにある「アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー」の項目で、「検索エンジンの変更」をクリックします。

検索エンジンの変更 グーグル指定

選択メニューから「google 検索」を選んで、下にある「既定として設定する」を選びます。

「google検索」選択肢として出ない場合はどうすればいいの?

この場合は一度Microsoft Edgeの方で「https://www.google.com/」にアクセスしておく必要性があります。

一度アクセスしてから再び「検索エンジンの変更」を設定しようとすると、「google 検索」が選択肢として出てくるので、それから「既定として設定する」をクリックすれば設定できます。

検索エンジンの変更 完了

これでMicrosoft Edgeの検索エンジンをBingからgoogleに変えることができました!

まとめ

検索にかけるワードは同じでも、検索エンジンが違えば表示されるサイトも変わってきます。

お気に入りの検索エンジンがあれば、早いうちから設定を変えておくと良いですね。

 

ただ上でも説明した通り、検索エンジンを設定するには一度その検索エンジンをMicrosoft Edgeの方でアクセスしなければならないようなので、この点には注意しておきたいところです。