窓を工夫する事でできる部屋の中の暑さ対策
今回は窓を少し工夫する事でできる、部屋の中の暑さ対策について紹介していきたいと思います。

部屋の中の熱気の70%は窓から来る

部屋の中の熱気の50~70%は実は窓などの開口部からやって来ると言われています。

そのため部屋の中の暑さ対策をするうえでは、いかに窓からの熱気を防ぐのかが重要になってくるわけなんですね。

ちなみに冬では部屋の中の50%弱程度の熱が、窓を介して外から逃げてしまうので、冬の寒さ対策に置いても窓周りで工夫する事が有効的になります。

というわけでここからは窓の暑さ対策について紹介していきたいと思います!

 

窓を工夫する事でできる部屋の中の暑さ対策

窓を工夫する事でできる部屋の中の暑さ対策としては、主に下記の方法があります。

  • 遮熱性の高いカーテンに買い替える
  • 遮熱ブラインドを取り付ける
  • 窓に断熱フィルムを張る
  • 窓に断熱用のプチプチシートを張る
  • 窓の外側にすだれを吊るす
  • 窓に断熱スプレーをかける

遮熱性の高いカーテンに買い替える

窓の暑さ対策としてまず簡単にできるのが、遮熱性の高いカーテンに変えるということです。

特にレースカーテンであれば、部屋の中の熱対策をできるのはもちろん、適度に日光の光を取り入れられるので、部屋が暗くならずに済みます。

遮熱ブラインドを取り付ける

また窓の遮熱対策で有効なのが、遮熱ブラインドを取り付けるという方法です。

ブラインドであればレースカーテンよりも遮視性が確保されますし、換気する際にも空気や光の量を変えられるので、人が良く出入りする部屋には特に便利ですね。

窓に断熱フィルムを張る

断熱フィルムは貼り付けることで、遮熱効果が得られるという便利な暑さ対策グッズです。

これだと安いものであれば1,000円以下で買えるので、お手軽にできますね。

また断熱フィルムの中には遮熱効果の他、マジックミラー効果やUVカットなど色々な効果のあるものもあったりします。

ただし網入りガラスなどの特殊なガラスだと、色の濃い断熱フィルムを張ると熱割れ(熱によりガラスが割れてしまう現象)が起きる可能性が上がるので気を付けておきたいところです。

窓に断熱用のプチプチシートを張る

プチプチシートは内部に空気の層があるため、これを窓に貼り付けることで断熱効果が期待されます。

窓の遮熱対策用のプチプチシートがあるので、それを使えば水だけで簡単に窓に貼り付けることができます。

窓の外側にすだれを吊るす

夏の風物詩とも呼ばれているすだれは、和室のエクステリアとして機能するのはもちろん、窓の外側から吊るすことで遮熱効果が期待されます。
更に打ち水をすればより一層断熱可能です。


洋室やウッドデッキのエクステリアだと、すだれよりもシェードが良さげですね。

窓に断熱スプレーをかける

シリコンコーティング効果のある窓断熱スプレーを窓に噴射させることで、部屋内の気温を2~4度程度抑えることができるようです。

その効果は1カ月以上続くのだとか。

しかも断熱スプレーでは断熱効果の他、窓の汚れを防ぐ効果もあります。

実際の効果に関してはそれほど目立ったものではないようですが、断熱スプレー自体は安価に変えるので、窓掃除の手間も省きたいのであれば、購入してみると良いかもしれません。

まとめ

以上窓を工夫する事でできる部屋の中の暑さ対策について紹介していきました。

いずれの方法にしても安価で簡単にできるので、窓の暑さ対策をしたい場合は一度試してみてはいかがでしょうか?