FTPソフト「FFFTP」のインストール方法と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FFFTP イメージ画像

ワードプレスサイトなどWEBサイトを公開する時に必要となる「FTPソフト」。
今回はそんなFTPソフトの中でもWindowsで無料で使える「FFFTP」のインストール方法と簡単な使い方についてご紹介していきます。

※MacではFFFTPは使えません。

FFFTPのインストール方法

FFFTP ダウンロード①

まずはFFFTPのダウンロードページから最新版のものをダウンロードし、手順に沿ってFFFTPのインストールを行います。

FFFTP ダウンロード②

デスクトップやファイルを保存した場所から「FFFTP.exe」を開きます。
パソコン画面左下にあるウインドウズアイコンからアルファベットのFのところからでも開けます。

FFFTP セットアップ

FFFTP.exeを開いたらまずは「新規ホスト」をクリックします。

FFFTP セットアップ①

ホスト設定の画面では下記の4つの項目を記入します。

  • ホスト設定名
  • ホスト名(アドレス)
  • ユーザー名
  • パスワード/パスフレーズ

これらは契約しているサーバーの公式サイト上で確認することができます。

下記は主要なレンタルサーバーにおけるFFFTPの設定方法です。

エックスサーバー(XSERVER)
  • ホスト設定名⇒適当な名前でOK
  • ホスト名(アドレス)⇒FTPサーバー(ホスト)名
  • ユーザー名⇒ユーザー名(アカウント名)
  • パスワード/パスフレーズ⇒サーバーパネルのパスワード
「サーバーパネル」内「FTPアカウント設定」の「FTPソフト設定」で確認可能
ロリポップ
  • ホスト設定名⇒適当な名前でOK
  • ホスト名(アドレス)⇒FTPSサーバー
  • ユーザー名⇒FTP・WebDAVアカウント
  • パスワード/パスフレーズ⇒FTP・WebDAVパスワード
ユーザー専用ページの「アカウント情報/パスワード変更」で確認可能
スターサーバー
  • ホスト設定名⇒適当な名前でOK
  • ホスト名(アドレス)⇒ホスト名
  • ユーザー名⇒ドメイン名
  • パスワード/パスフレーズ⇒完了画面に記載のパスワード
ホスト名は「サーバー管理ツール」の「サーバー情報」から、ユーザー名とパスワードはドメイン追加完了画面から確認可能

これらの設定が完了したら下にある「OK」をクリックします。

FFFTP セットアップ③

設定した項目を選択して下にある「接続」をクリックします。

あとは「この証明書を信頼し、通信を続行するには「はい」を選択してください」と表示される画面で「はい」をクリック。

そして「暗号化の状態の保存」の画面で「はい」をクリックします。

以上でFFFTPの導入は完了です。

無料FTPソフト「FFFTP」の簡単な使い方

FFFTP セットアップ 編集②

まず画面の基本の見方としては、左側にあるファイル・フォルダ群がローカル側(自分のパソコン側)のデータ、右側がサーバー側のデータになります。

ローカル側(パソコン側)からサーバー側へのファイルのアップロード方法

FFFTP アップロード

またはFFFTP アップロード②

ローカル側からサーバー側へのファイルのアップロード方法としては

  • ローカル側のファイルやフォルダを選択後ドラッグ→サーバー側にドロップ
  • 画面上部にある上矢印アイコンをクリックする
  • アップロードするファイルを右クリック>「アップロード」を選択

といった方法でそれぞれサーバー側へファイルをアップロードすることができます。

ドロップ&ドロップに関しては、ウインドウ外からでもアップロードすることができます。

 

まとめ

FFFTPなどFTPソフトは、ワードプレスなどでサイトのデザインをカスタマイズしたり、子テーマを作るときなんかにあると何かと便利なので、そうしたサイトを運営しているのであれば是非インストールしておきたいところです。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*