運気が上がる財布とは?良い色は?中古は良くない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運気が上がる財布とは?

金運に少なからず影響を及ぼすとされる財布。

この財布ですが具体的にはどういったものが風水的に好ましく運気が上がるのでしょうか?

ここではそんな運気が上がる財布の特徴や、財布の運気が上がるような使い方などについてご紹介していきたいと思います。

運気が上がる財布の特徴とは?

  • 財布の色が良い
  • 購入してから3年未満のような新しいもの
  • お札を折り曲げなくても入れられるような長財布のもの
  • なるべく高価なもの
  • リボンモチーフがあるもの
  • 金具があるもの
  • 素材は蛇皮や牛皮であるもの

財布の色が良い

財布の色に関しては、金運アップの効果の種類は微妙に違えど、金色や黄色・グレージュ(グレー+ベージュ)・茶色・黒色・白色・銀色・緑色・ピンク色辺りが良いとされています。

金色の財布

金色はお金の循環を良くし、財布の金運を最も強くさせると言われている色で、金運以外にも様々な運気アップ効果が期待されます。

ただし運気の上下にムラがあると言われているので、ギャンブラーの方などにはあまり好ましくない色だと言われています。

黄色の財布

黄色の財布も金運アップ効果が期待されますが、鮮やかな黄色のものに関してはお金が入って来やすい反面、出ていき安いとされています。

なので鮮やかなものではなく黄土色辺りのモノであれば、金運が上がる上に安定感も上がって良しとされています。

グレージュ(グレー+ベージュ)

グレーの財布も黒の金運アップ効果と白の悪い運気をリセットさせる効果を同時に持つものとして良いですが、このグレーにベージュが加わることで、金運を燃やすとされる「火」の気が抑えられることから、財布の色として非常に良いと言われています。

茶色の財布

茶色は大地の安定感を享受できるとされる色であり、浪費癖をなくして貯蓄できるような効果が期待されます。

金運の他にも仕事運・恋愛運・健康運アップをもたらすと言われています。

黒色の財布

黒色の財布にはお金を守る効果があると言われており、財産は減らさないようにしつつ着実にお金を貯めることができるという、茶色の財布に似た恩恵が期待できます。

白色の財布

白色の財布は今までの悪い金運をリセットさせる効果があり、これから財産を蓄えていきたいような方におすすめの財布です。

銀色の財布

銀色の財布は金運アップの他、不動産・株式投資運や家庭運、子宝運も上げると言われています。

ただ金色の財布と同様に入ってくるお金は多いけれども、出ていくお金も多くなります。

緑色の財布

緑色の財布は金色の財布などのように目立ってお金の循環を良くするというよりも、浪費を防いで少しづつ堅実に貯蓄することができ、仕事運も上がるといった効果をもたらします。

投資をしているのであれば、黄緑色のものも良いそうですよ。

ピンク色の財布

ピンク色の財布は金運アップはもちろん対人運や恋愛運を向上させ、、良い人脈ができて玉の輿に乗りやすい色の財布だと言われています。

なのでピンク色の財布は特に女性の方にとっておすすめです。

購入してから3年未満のような新しいもの

財布は購入してから3~5年以内のものであれば、金運を呼び込む力があるので、良しとされています。

逆に買ってから3~5年以上経ったものは、そういった力がなくなるので良くありません。

またこうした年月が経っていなくても、財布に傷がついていたり汚れていたりしてダメージを受けている場合は、買い替えた方が良いです。

お札を折り曲げなくても入れられるような長財布のもの

長財布のものはお札を入れるときに折り曲げずに済むことから、風水的には良く、運気も上がると言われています。

逆に折り畳むタイプの財布だと、お札を折り曲げなくてはならなくなり、これがお札にとっては居心地が悪くなるということから、運気も下がります。

なるべく高価なもの

自分自信で購入できる範囲でなるべく高価なものを購入すれば、それに応じた金運が呼び込まれるとされています。

リボンモチーフがあるもの

リボンモチーフのあるものは、お金との縁を結びつけるということから、好ましいとされています。

金運の他縁結びの効果もあり、リボンが大きいほど効果は上がっていきます。

金具があるもの

財布に金具があるものは、入ってきたお金をとどめておくような効果が期待されます。金具の色に関しては基本的に金色が良いとされています。

素材は蛇皮や牛皮であるもの

財布の素材に関しては蛇皮や牛皮といった素材のものだと、縁起が良くて金運アップの効果が期待されるようです。

金運・運気が上がる財布の使い方について

財布には色などの特徴から運気が上がるようなものを選ぶことができますが、使い方を工夫することによっても金運など運気が上がると言われています。

金運・運気が上がる財布の使い方としては以下の通りです。

  • 財布の中にはレシートなど余計なものは極力入れない
  • お札を入れるときは高額なものから順番に向きを揃えて入れる
  • 保管するときは暗い場所で、北に保管しておく

財布の中にはレシートなど余計なものは極力入れない

財布の中は基本的にお金以外のものに関してはあまり入れない方が良いとされています。

例えばレシートやICカード、キャッシング専用カードは入れているだけでも金運ダウンにつながります。

またその他カード類に関しても入れすぎは良くなく、最高でも8枚程度にまで抑えておくのが推奨されています。

ただし金運を引き寄せるようなアイテム(金運を上げるお守り、純金など)は財布に入れても良いです。

お札を入れるときは高額なものから順番に向きを揃えて入れる

財布にお札を入れるときは一番高額な1万円札を最も奥に入れて、そこから高い順に入れていきます。

またお札の向きもすべて揃えておくと、風水的には良く金運も上がると言われています。

保管するときは暗い場所で、北に保管しておく

財布の保管場所は、暗い場所に保管しておくことでお金が増えやすいとされています。

逆に火の気のあるところや人の目につくところ(リビング、キッチン、テレビ、冷蔵庫付近、日が当たる窓辺、照明の真下など)は金運が下がります。

また保管する方角も「水」の気である北側だと金運が上がります。

金運・運気が上がる財布の買い替え時期は?

3~5年以上経過したような古い財布は、買い換える必要性が出てきますが、この買い替えのタイミングも適した時期というものがあります。

買い替えに適したタイミングには以下のような時期が挙げられます。

  • 誕生月
  • 12~2月
  • 満月の日
  • 大安
  • 寅の日
  • 巳の日

こうしたタイミングで買い替えを行えば、運気が倍増するとされています。

まとめ

以上運気が上がる財布の特徴や、財布の使い方などについて紹介していきました。

財布を買い替えたからと言って、すぐにお金持ちになるという訳ではなりませんが、然るべき財布を選んで利用することでお金が貯まりやすくなるということは多々あるようです。

近いうちに財布を買い替えたいという方は、選ぶ際に参考にしてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA