運が悪い原因は自宅にあり?風水的にNGな9つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風水で自宅の家相を調べるイメージ

近頃なんだかやることすべてにおいて裏目に出る、タイミングが悪すぎる、縁がない・対人運が悪いなど、「最近ついてないな・運が良くないな」と思うことってないでしょうか?

実はそれ、自宅の風水的時なことが原因であるかもしれません。

というのも古来からある風水では自宅のちょっとしたことが原因でも、人の運気に悪影響を及ぼすものだと言われているからです。

ここではそんな運気が悪くなるような自宅でやってはいけない9つのことについてまとめてみました。

最近何故か運が悪い・ツイていないという方は是非確認してください。

運が悪い原因は自宅にあり?風水的にNGなつのこと

玄関が散らかっている

靴で散らかった玄関

まず風水的に良くないこととして、挙げられるのが玄関が散らかっているということです。

玄関が散らかっていると外から良い気が入ってこないばかりか、悪い気が外に出ていきません。

靴などで散らかっている場合は、それらを下駄箱に収納したり、よく使う靴であればきちんと並べて置いておくと良いでしょう。

ちなみに玄関に置いてはいけないものとして、ドライフラワー・枯れた花・ぬいぐるみ・自転車といったモノが挙げられます。

玄関に関しては風水的も最重要項目で、最も優先して気を付けておくべき場所であるとされています。

トイレが汚れている

トイレのインテリア

トイレも風水的には非常に重要だと言われていて、ここが汚れていれば、陰の気が強まることから運気が悪くなるということです。更にトイレが冷えれば尚更陰の気が満ちてしまいます。

また良くない気が充満しているトイレでスマホや携帯で・メールや電話をすると、相手との関係性が悪化したりすることも。

おまけに新聞・本・雑誌などの知識を得るものは、水の気を司るトイレという場所とは相性が悪く、トイレでこれらを置いている場合は発展運や若々しさを失ってしまうようです。

トイレのドア・蓋を開けたままにしている

トイレのドアや蓋を開けっ放しにしていると、トイレの陰の気を外部に放出させることになることから、風水的には良くないと言われています。

汚れていたら更に運気が下がりそうですね。

バスルームが汚い・お風呂に入っていない

バスルーム

お風呂など水回りは汚れやすく、陰の気が溜まりやすいので、定期的に掃除を行うようにすると良いでしょう。

また残り湯をそのままにしておくとマイナスの気が停滞するので、不要になったらすぐ流すようにすると良いです。

更にお風呂に入ってきちんと湯船につかならなければ、厄落としができないと言われているので、シャワーだけではなくお湯につかって身を清めるのが吉です。

ちなみにバスマットはパステル色のものが風水的にも良いですが、逆に原色・黒・グレーのものは良くありません。

お守り・お札を小物入れなど窮屈な場所に保管している

お守りやお札は風水的にはいわば神の分身だと考えられており、これを小物入れなど窮屈な場所の保管していると、神様を粗末に扱うことになることから、祟りとして不運な出来事に巻き込まれてしまうようになるそうです。

お守りなどは大体1~3年くらい効果があるとされていますが、それ以降になれば古いお守りは適切に処分して新しいものを購入するようにすると良いです。

お守りの捨て方としては、神社の納礼所の方へ収めるか、普通のゴミとして出す場合であっても、感謝の気持ちとともに盛り塩をして紙で包んで捨てるなどして処分の仕方に気を付けておくのが望ましいです。

枯れた観葉植物またはドライフラワーがある

ドライフラワー

枯れた観葉植物やドライフラワーは、風水的に言うと死の運気が漂うことから、運気が悪くなるとされています。

また花であることから特に恋愛運に対して悪影響を及ぼすと考えられています。

造花はそこまで運気に悪い影響を及ぼしはしないものの、表向きだけの恋愛にしか発展しません。

空のペットボトル・DVDケースなどを放置している

空のペットボトルやDVDケースには邪念が入り込むことがあることから、風水的にはあまり良くありません。

また拾ってきた貝殻や石も念や霊体といったものが入りやすく、ここでも邪念が入り込む可能性があるので、そうなると運も悪くなってしまいます。

余計なものが多く雑然としている

散らかった部屋

不要なものがたくさんあると、それらから悪い気が発せられて運気が下がると言われています。悪い気が発せられるのは使わずに放置しているのがモノにとって失礼だからとも考えられているからです。

狭いところに沢山のものを詰めれば窮屈となり、お守りでの理論と同様あまりよくなさそうですね。

また下記のようなものは特に要注意です。

枯れた観葉植物

玄関の項目でも触れましたが、枯れた観葉植物は死の運気が漂うことから、運が低下します。

骨董品・美術品

骨董品や美術品は邪念が入りやすく、特に古くからある高級なものは強い邪念が入ると言われています。

骨董品や美術品を手に入れてから運気が低下したと感じるのであれば、これが原因である可能性が十分あるので、悪運を断ち切りたいのであれば思い切って買取に出したりなどして処分すると良いかもしれません。

嫌いな人やマイナス思考な人からの貰い物

嫌いな人やマイナス思考の人からの貰い物は、良くないエネルギーをもたらすことから、運気も悪くなります。

逆に好きな人やプラス思考の人からのプレゼントなどでもらったものはラッキーアイテムになります。

他界した人の写真は飾らない

親族など既に他界した人の写真を飾っていると、その親族が我々が生きている現世に戻ってきて、霊障や悪運をもたらします。

まとめ

まとめると風水的に自宅でやってはいけない9つのことは

  • 玄関が散らかっている
  • トイレが汚れている
  • トイレのドア・蓋を開けたままにしている
  • バスルームが汚い・お風呂に入っていない
  • お守り・お札を小物入れなど窮屈な場所に保管している
  • 枯れた観葉植物またはドライフラワーがある
  • 空のペットボトル・DVDケースなどを放置している
  • 余計なものが多く雑然としている
  • 他界した人の写真は飾らない

以上になります。

「スピリチュアル的なことは正直あまり信用できない」という方も、騙されたと思って一度実践してみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA