運気が上がる枕の向きや枕や枕カバーの選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家相の中でも重要だと言われているのが寝室であり、良質な睡眠を取る上でも重要となってくる枕。

新しく枕を買い換えようとしていた私は、単に機能性だけでなく、どういったものを選べば風水的には良く、運気が上がるのかということについても調べることにしました。

今回はそんな運気が上がるとされている枕や枕カバーの選び方について紹介していきます!

枕はどんな大きさのものを選べばいいの?

枕の大きさに関しては基本的に大きなものを選ぶと、仕事運が上がり吉と言われています。

逆に小さいものを選んでしまうと

  • 金運が一定以上上がらない
  • 出世ができない
  • 視野が狭くなる

などあまり良くない影響を及ぼしてしまうのだそうです。

 

ちなみに枕のサイズの目安としては、横が50cm以上・縦が30cm以上のものが良いそうですよ。
まあ大きいほうが寝返りも打ちやすいですし、使い勝手が良さそうですね。

枕・枕カバーのラッキーカラーは?

枕・枕カバーにも運気が上がる効果が期待できるとされるラッキーカラーというものが存在しているようです。

このラッキーカラーは寝る時の方角に合わせると良く、具体的には以下のようになります。

寝る方向 相性の良い色
北枕 白・ピンク・シルバー
東枕 赤・ターコイズ
南枕 緑・黄緑・ベージュ
西枕 黄・アイボリー

ちなみに各方角で睡眠を取る際に得られる風水的な効果は以下のとおりです。

寝る方向 風水的に得られる効果
北枕(白) 金運・財運・貯蓄運がアップ
仕事や恋愛もうまくいく
東枕(赤) 対人運・恋愛運・結婚運・仕事運・勉強運・健康運をアップ

やる気が漲り若さを保つ

南枕(緑) 才能運・美容運・人気運・くじ運がアップ

熟睡ができないので毎日寝るにはむいていない

西枕(黃) 金運・恋愛運アップ
リラックス、熟睡できる効果もあるが老けやすいとも言われている。年配の方向け。

寝る方向と相性の良い色のものにすれば、部屋の構造上寝たい方向に寝られない場合でも、その方向の効果を得ることもできるようです。

北枕はあまり良くないみたいなことを言われがちですが、風水的には実は吉方向なんですね。

まとめ

以上運気が上がる枕の向きや枕や枕カバーの選び方についてご紹介していきました。

まとめると

  • 枕は小さいものよりも大きめのものが吉
  • 方角と相性の良い色のものを選ぶことで、その方向の風水的な効果を得られる

以上になります。

風水的な効果はもちろん健康的でいられるようにするためにも、良い枕で寝るようにしておきたいところですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA